ハヤテBBS ■掲示板に戻る■ 全部 最新50
1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 1001- 1101- 1201- 1301- 1401- 1501- 1601- 1701- 1801- 1901- 2001-
Augurare (BL)
メイン
作品別
なりきり
小説投稿
運営
お絵かき掲示板
チャットルーム
雑談掲示板
人気投票
作品掲示板
しゅごキャラ!
学園アリス
リボーン
なりきり掲示板
オリキャラなりきり
学園アリスなりきり
小説掲示板
二次創作小説
運営掲示板
ルール
管理人の部屋

1 名前:マスター ◆7VUL1GCzXg:2016/06/05 19:39:00 IP:182.21.197.96

望み。
それは人間が今日という日を生きるのにとても大切な動力

否、人間に限った事では無いのかも知れない。

まあそれはそれとしてだ
キミにはどんな望みがあるんだ?

望みがあるというのはとても素敵な事だと俺は思うよ。

…此処には色んな望みを持つ人が自然に集まってくる
キミの望みを叶えてくれる人が居るかもしれないし、もしかしたらキミが誰かの望みを叶えてしまうかもしれない

ハハ、長々ごめんよ。今のは面接っていうより一人語りだから聞き流してくれて構わない
履歴書は見たし採用させて貰うよ、今日から宜しく。



(/初めまして、BL重症患者の為少人数で濃い感じのを細々とやってきたいなぁという望みを持ってスレを立てました。もし同じ望みを持つ人が居たら是非入って下さると嬉しいです!、スレの感じとしてはストーリ重視型となり恋愛系に関しては決定ロルを大目に見れる方、絡みが積極的な方を歓迎します。)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

1952 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 12:27:00 IP:182.249.245.28

【深夜/路地】

……そっか…

(要らないとはっきり切り捨てられれば、寂しげに目を伏せて手を離した。もうどうしたって彼を繋ぎとめることは出来ないと悟って、あまりのあっけなさに涙さえ出なかった。「変なこと言ってごめんね…」と謝り、ポケットから合鍵を取り出す。泣いている彼の手に、それを握らせた)

これ、返すね

>望さん

1953 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 12:37:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地】

………

(握らされた合鍵に視線を移せば、確かに彼が離れていく自覚が持てた。もう自分の部屋に上がりこむ事も抱き締め合うことも叶わなくなる。突き放した事を後悔するにはあまりにも遅過ぎた、言葉通り一人になったところで寂しさばかりが募って覚悟など何一つ出来ていなくて別れの言葉も口にせず押し黙る。)

>龍之介君

1954 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 12:43:00 IP:182.249.245.28

【深夜/路地】

……ねえ、最後に一つだけ我儘言ってもいいかな?

(合鍵が手から離れれば、彼との特別な繋がりが何一つなくなったようで心に空いた穴が広がったような気がした。もう駄々をこねて別れるのを渋ったりはしない。けれど最後に一つだけお願いをきいてほしかった。感情を押し殺して、無表情のまま淡々と話す)

俺のこと、嫌いって言って。……そうじゃなきゃ、きっといつまでもアンタのこと諦められない

>望さん

1955 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 12:52:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地】

(あんなの幸せだったのにどうして捩れてしまったのだろう、辛いなんて口にしてしまったんだ。相手への気持ちはずっと変わってはいないのに、そんな我儘聞ける訳も無く涙が滲んだままの瞳で絶望したような表情で頭を抱えるようにし、言いたくないと繰り返す。)

嫌だ…ッ、言えない。言いたくない……、どうしてそんな酷いお願いをするんだ

>龍之介君

1956 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 13:01:00 IP:182.249.245.28

【深夜/路地】

……言ってよ。言ってくれないなら、俺ずっとつきまとうよ。ストーカーになるかも

(言えないなんて、そっちの方が酷い。突き放す癖に、決定的な言葉は言ってくれないなんて。そんな風に優しいから、だから僅かな期待を捨てきれない。脅しのようなことを言いながら、相手の肩を掴み壁に押し付けた)

もう恋人に戻らせてくれないんでしょ?…だったら諦めさせてよ

>望さん


1957 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 13:14:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地】

…っ

(何故そんなにも自分の事を好きで居てくれるのかが謎だった。歳も違うし、大人振ってばかり居る癖に実際は情けないくらい脆弱で、好きになってもらう資格すら無い。壁に押し付けられ息が詰まりそうになりながら縋るような瞳で相手を見据えた。)

嫌いだなんて言えない、戻りたい……、本当は何であんな事言ってしまったのかずっと後悔してた…

>龍之介君

1958 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 13:21:00 IP:182.249.245.28

【深夜/路地】

…え……


(嫌いと言われる覚悟を決めて、強く目を瞑る。だが戻りたいと言われれば、自分の都合のいいように妄想したのかとすら思って、ぽかんと目を見開いた。あんなに突き放されて、にわかには信じられず疑いの眼差しを向け皮肉に笑う)

なに、今更…俺があんまり必死だから、同情でもしてんの……?

>望さん

1959 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 13:31:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地】

今更戻るのが無理な事くらい分かってる、忘れて良い……

(酔いが醒めず、はっきりしないような霞がかった意識で物憂げに伏せるように瞼を半分閉じる。そんな都合良い話を信じてくれないのは分かっていた。容赦なく疑いの眼差しを受ければ自嘲するように薄く笑んで、相手が望むならもう終わりにしようと言葉を紡いでいく。)

…大嫌いだ、別れてくれ。…これで良いか?

>龍之介君

1960 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 13:42:00 IP:126.100.200.52
(/こんにちは、もう少しで2000ですね!。返レスしますね^^。待機してみます。お返事分けさせてもらいますね;)
>ALL様

【深夜/Augurare付近の公園】

そんなそんなー、一回声を掛けただけですからー

(お礼に対し「いえいえー」と微笑む。自分の記憶はやっぱり正しかった。続いた彼の言葉にキョトンとし、フードで見えない目を瞬かせる。態々、お礼を言いに来てくれたのか。律儀な人だと感心すれば嬉しそうに笑って言葉を返した。それから口元をニコッとさせると少しからかうような口振りで、後ーと付け足して)

怪しい人だとは思ってませんよー、フフ

>浅見さん(/おはようございます。返レス有難う御座います!自分もお返ししますね。)

【夜/Augurare前】

…ニャー

(足音が聞こえれば耳をピクリと動かしてそちらを見る。そこにはバーテンダーの彼の姿があった。自分には気づいていない様子だ。彼は店には入らず、自分と同じようにドアの前で立ち止まっている。そんな彼を見上げていれば上から溜息が降って来たかと思うと垂れた目と目が合った。それだけでバレたとは思わないが何だか緊張する。差し出された手に、一瞬躊躇しては一度鳴いてから遠慮がちに擦り寄って)

>堤くん(/絡み感謝です^^。絡みづらい方に絡んでいただいて、有り難うございます!。こちらこそ、お相手お願いします!)

1961 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 13:43:00 IP:182.249.245.28

【深夜/路地】

何だよ、それ…ッ、アンタが、全部決めんなよ!!

(思わず言葉を荒げる。怒気を含んだ声で叫び、肩を掴んだ手に力を込めた。戻るのは無理だなんて、決め付けているのは彼自身だ。「嫌いなんて言わないでよ。俺だって戻りたいよ…」と堪えていたものが爆発するように、頬に涙が伝った。ズルズルと、情けなくも力無くその場にへたり込む)

ごめん、俺、言ってること滅茶苦茶だね…

>望さん

1962 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 13:43:00 IP:126.100.200.52
【夜/Augurare前】

(足音が聞こえればそちらを振り返る。見えたのはこの店の店主。立ち止まり、じっと此方を見ている彼に首を傾げた。もしかして、邪魔なのだろうか。そんな考えが過るが、小さな体だ。そこまで邪魔にもなっていないだろう。それじゃあ、猫が苦手で近づけない…とか。そう思ってはドアの前から退き、邪魔にならないような位置に移動してからちょこんと座り、自分も彼を見つめる)

>マスター(志摩寺さん)(/絡み感謝です^^。絡みづらい方に絡んでいただき有り難うございます!。お相手お願いします!)

【Augurareに向かう途中】

(彼の言葉に何度か首を大きく縦に振る。まるで、面白い面白いとでも言うかのように)

あるよ。だから、オレだけじゃなくって色んな人を癒やしてあげてー

(首を傾げる彼に柔らかい笑みを向けながらもハッキリと伝える。自分だけが癒やしてもらえるなんて、何だか勿体無くて。いつもどうりニコッとしては色んな人と口にした)

>いーくん(/返レス有り難うございます^^。)

1963 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 13:59:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地】

言った通りにしたのに何が不満だ

(強い力で肩を掴まれれば痛みを感じる。今更戻れもしないのなら、どんなに辛くてもせめて望み通りにしてあげようと必死に言葉を紡いだのに怒りを向けられて苛立つように顔を顰めた。だが、相手の涙を見てしまえば呆然としたようにその表情は消え去る。…どうすれば良いのかなんて分からない、ただ本能のように相手の前にしゃがみ込めば恐る恐る相手を抱き締める。)

……戻ったって、俺のせいでまた辛い思いをするかもしれないよ

>龍之介君

1964 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 14:07:00 IP:59.134.53.41

【夜/Augurare前】

懐っこいな…

(野良猫だろうか、人に慣れている様子だからもしかしたら飼い猫かもしれない。擦り寄る黒猫の頭を撫でて、荒んだ心が癒され表情を緩めた。店の前にいたら邪魔かな…とひょいと抱き上げて、一緒に移動する)

>沼淵さん(/返信感謝です、お相手お願いします〜)


【深夜/路地】

そんなの……そんなの、俺だってそうだよ。また八つ当たりして、アンタのこと傷付けるかもしれない…

(相手の体温を感じれば、涙が溢れて止まらなくなった。もう二度と手に入らないと思っていたものだった。その心地好い感触が、香りが体温が、遠くに行ってしまわないように強く強く抱き締める。辛い思いをするかもしれない、それと同じようにさせるかもしれない。「でも、一緒にいたいよ…」と震える声で正直な気持ちを言葉にした)

好きだから、離れたくない…

>望さん

1965 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 14:18:00 IP:182.21.94.18

【夜/Augurare前】

何処から来たんだい?

(祖母がとても猫を可愛がっていたため、嫌いでは無いし扱いには慣れている。だが目の前に居る猫がどうしても不審に思えて、更に此方を気遣うようドアの前から退く様を見ればますます違和感を覚える。まあ自分の気にし過ぎかもしれないため、此方を見据える猫に小さく笑みを浮かべれば小首を傾げた。)

>沼淵君(/返レス感謝です!)


【深夜/路地】

…そうだね、好きだから離れたく無い。俺もそこに落ち着いた

(言葉通り暫く一人になって悩んだが、結局落ち着く所はそこだった。でも突き放して置いてそれが許されるとは思えずあれこれ考えたが、もし相手がまた一緒に居てくれると言うなら二度と別れたいと軽く口にしないよう溜め込まず傷付いた時は、感情を表に出してお互いの為にちゃんと叱ろうと思う。抱き締められて久し振りに相手の温もりを感じれば、気が緩んだように肩の力が抜ける。)

今度八つ当たりしたら怒るよ。…勿論君も、俺に不満があったら言ってくれ

>龍之介君

1966 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 14:25:00 IP:59.134.53.41

【深夜/路地】

うん…ごめんね……

(ぐすぐすと鼻を啜って、ごめんと謝罪した。こんな喧嘩はもう二度としたくない。大袈裟でなく、一生分のストレスを感じた気がする。離れていた分の温もりを求めるように、ぎゅっと彼の体を抱き締めて)

>望さん

1967 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 14:27:00 IP:126.100.200.52
【夜/Augurare前】

(頭を撫でられると慣れないが大人しくそれを受け入れ、彼の呟きに答えるように鳴いてはニャーともう一度鳴いて彼の顔を見た。さっきよりも穏やかな顔をしている気がする。理由は分からないが良かったと思っていると手が此方に伸びて来る。それに驚いたのも束の間、あっさりと抱き上げられてしまった。そのまま彼が動き出せば、落ち着きなく首を動かしてキョロキョロする)

>堤くん(/こちらこそ、お願いします^^。)

1968 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 14:33:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地】

…良い歳して恥ずかしいな、二人で泣いて

(困ったように短く苦笑すれば、謝罪をしたまま泣き止まない相手を宥めるようによしよしと頭を撫でた。思ったより撫で心地が良いせいで癖になってきているのは内緒だ。大きな体してほんとに子供みたいだなと思いながらそこがまた愛しいから、答えるようにぎゅっと強く抱き締め返した。もう絶対手放そうなんて思わないようにしよう。)

>龍之介君

1969 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 14:40:00 IP:59.134.53.41

【夜/Augurare前→公園】

(BARの近くにある公園にきて、抱き上げた猫と一緒にベンチに座った。膝に置いて、喉を鳴らすように指で撫でる。ペットは飼っていないが、動物というのは癒されるものだと体の力が自然と抜けて、へらっと笑みが零れ落ちる)

よしよし、可愛いね…

>沼淵さん


【深夜/路地】

そうだね…

(頭を撫でられる感覚が心地好くて、いつの間にか涙は止まっていた。確かに情けない話だと、恥ずかしさを誤魔化すように笑う。少し経てば気持ちも落ち着いてきて、相手を抱き支えるようにしながら一緒に立ち上がる)

なんか、泣いたらお腹減ってきた…

>望さん

1970 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 14:52:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地】

ふふ、龍之介君らしいね

(泣いたらお腹が減ってきたという相手に微笑ましい表情を向けるも、ムードが無いなと僅かに思いながら支えて貰ってゆっくりと立ち上がる。自分は飲み過ぎたせいか体がだるくて、早く休みたいが家まで割と距離がありどうしようかと考えた。幸い歓楽街の近くで手軽に泊まれるビジネスホテル等も多いため、無理に帰るより今日だけはそちらで寝泊りしようと決めた。)

…俺はホテルでも行こうかな。君はどうする?

>龍之介君

1971 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 14:56:00 IP:59.134.53.41

【深夜/路地】

…一緒に行く……

(堤くんではなくて龍之介くんと呼んでくれたことに、顔には出さないもののとても安心してしまった。やっと元の関係に戻れた実感が湧いてくる。迷うこともなく、一緒に行くと即答してまたぴったりとくっついた)

>望さん

1972 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 15:02:00 IP:182.21.94.18

【深夜/路地→ホテル】

…大丈夫なのかい?、帰らなくても

(ぴったりと飼い犬のようにくっ付いて来る相手と共に歩き出すが、少しだけ心配そうにそう尋ねた。最近会っていなかったためその辺りの事情は良く分からないが大学の事とかで忙しいのではないだろうか。寄っていてあまり覚えていないが先程は飲み会か何かの集団と一緒に居たような気もする。)

>龍之介君

1973 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 15:10:00 IP:59.134.53.41

【深夜/路地→ホテル】

うん…卒論も提出出来たし…

(友人等には後で連絡すればいいし、無事卒論も終わったため家に早く帰らなければならない理由もない。「アンタと一緒にいたいから…」と好意を素直にアピールして、愛しげにじっと見つめる。離れていた分、堪えてきた感情がダダ漏れになっていた)

>望さん

1974 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 15:19:00 IP:182.21.94.18

【深夜/ホテル】

そうだったのか…、よく頑張ったね

(卒論が提出出来たと聞けば、素直に驚いたような表情を浮かべた後嬉しそうに表情を緩める。隣から何やら熱い視線を感じればふわり、と微笑んでこう告げた)

お腹が減っているんだろう。ご褒美にルームサービスで好きなのを頼ませてあげるよ

(頑張ったご褒美に加え突き放してしまったお詫びを兼ねれば安いくらいだが今出来るのはこれくらいだ。…少し歩けば、まだ受付をしているホテルを見つけてその中に足を踏み入れ、フロントで受付を済ます。)

>龍之介君


1975 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 15:24:00 IP:59.134.53.41

【深夜/ホテル】

ん……

(よく頑張ったと褒めてもらえれば、小さく頷いて嬉しさを噛み締める。こうして彼に褒められて、甘やかされるともうメロメロになってしまうのだ。これが年上の包容力というやつなのだろうか。以前年上が趣味なのかと聞かれ、そういうわけではないと答えたが、もしかしたらそうだったのかもしれない。一緒に部屋まで移動しながら、ホテル内を軽く見渡した)

俺、こういうこと初めて…

>望さん

1976 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 15:28:00 IP:126.100.200.52
【夜/Augurare前】

ニャー

(質問されると困ってしまった。何処から、そりゃあ家だけど…そんな風に答えられる状況では無い。確かに彼は自分の正体を知っているから、ここで人の姿に戻ることなんて容易いが、態々そうする必要もないだろう。笑みを浮かべる彼を見たまま、返事をするように一度鳴いて)

>マスター(志摩寺さん)(/お相手お願いします^^。)

【夜/公園】

(そのまま公園にまで連れて来られると彼はベンチに腰を下ろし、自分は膝の上に乗せられた。猫にとって気持ちの良い場所を撫でられては、思わずゴロゴロと喉を鳴らす。この姿で、可愛いと言われるのは不思議な気分だ。されるがままに喉を鳴らしていたが、ふと、気になったことがある。店に行かなくて良かったのだろうかと。喉を鳴らすのをやめてはじっと彼の顔を見て)

>堤くん

1977 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 15:31:00 IP:182.21.94.18

【深夜/ホテル】

これから就職して、出張とかがあれば結構使うと思うよ

(そう返せば社会人となった相手を想像してしまう。やはりピアス等は取るのだろうか、それも含めて相手といった感じだから少し寂しい気もしなくは無い。渡された鍵の番号を見てその部屋に向かうと鍵を開ける。流石に高級ホテル、といった感じでは無いものの手頃な値段の割には十分過ぎるくらい内装も整っていてやはり都会は違うものだなと自分も少しだけ驚いた。)

中々広いな…

>龍之介君

1978 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 15:41:00 IP:59.134.53.41

【夜/公園】

んー…?お腹すいたのかな…?

(気持ち良さそうな鳴き声に癒されていたが、不意にそれが止まりじっと澄んだ瞳で見つめられて不思議そうに首を傾げた。お腹がすいたのだと受け取れば、ポケットの中を探る。「ごめんね…何も持ってないよ…」と落ち込んだ様子で言えば、再び頭を撫でた)

>沼淵さん

【深夜/ホテル】

そっか…あんまり想像できないな…

(就職先にもよるだろうが、あまりきびきび働く自分が想像できなくて首を傾げてしまう。この年齢になると、そんなことも言ってられないと分かっているのだけど。綺麗な内装を見て、「ほんとだ…ベッドも大きいね…」と中に入ってベッドに手を置く)

>望さん

1979 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 15:50:00 IP:182.21.94.18

【夜/Augurare前】

どうしようか…

(飲食物を扱う以上、衛生面的に動物を店内に連れ込む訳にはいかない。放って置こうとも思ったが野良猫の割には綺麗に見えるしどうしようかと悩んだ。仕事中で無ければもう少し相手に出来るのだが。)

>沼淵君


【深夜/ホテル】

…、どこで働くかは決まった?

(卒論が提出したなら内定もそろそろ貰わないといけない頃のはずだ、相手が口にした通り自宅にある物より大きいベッドの片方に腰掛ければ不安げに首を傾げる。もし無理そうならやっぱり己の店に置きたい。勿論やりたい仕事があるなら別だがそう思うのは過保護だろうか。)

>龍之介君

1980 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 15:53:00 IP:126.100.200.52
【夜/公園】

ニャー

(じっと見ていたことにより、どうやら彼に勘違いさせてしまったらしい。違うと言いたいところだが、それはこの姿では叶わない。落ち込んで謝る彼を見ると、気にしなくて良いと言うように撫でる手に頭を擦りつけ鳴いた。実際、お腹もそんなに減ってはいないから問題ない。どうも、店に入らなかったことが引っ掛かるがこの姿では聞けそうもなかった)

>堤くん

1981 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 15:58:00 IP:59.134.53.41

【深夜/ホテル】

いくつか内定はもらえたけど…

(それは喜ばしいことなのに、歯切れの悪い言い方になってしまう。というのも、やはり心からやりたいと思える職種ではないからだ。酒に携わる仕事であればいいかと、「お酒の製造業っていうのも考えたんだよ…?でも、なんか違うなって…」と立ったまま目を伏せた)

望さんは、店を出す前は何してたの…?

>望さん

【夜/公園】

俺のこと、慰めてくれてるの…?優しいね…

(まるでこっちの気持ちが分かってるみたいだ。そんな不思議な猫を高い高いするように抱き上げて顔を見合わせれば、「俺んちの子にしようかなあ…」と呟いた。人懐っこくて可愛いし、癒してくれる)

>沼淵さん


1982 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 16:06:00 IP:126.100.200.52
【夜/Augurare前】

ニャー?

(悩んでいるような彼を見るといつものように首を傾げた。癖だから自覚は無い。自分が原因ならと考えれば、彼の足元まで行き見上げる。そして、ニャーと鳴いてから彼に背中を向ける形で歩き出す。まるでお別れの挨拶をするような行動は猫として普通では無いが、黙って帰るの気が引けた)

>マスター(/志摩寺さん)

1983 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 16:08:00 IP:182.21.94.18

【深夜/ホテル】

大学へ通いながらその近くのBARでバイトしてたよ

(幾つか内定が貰えていると聞けば凄いじゃないかと褒めてあげたいが、少しだけ浮かないというか歯切れの悪い返答にそれは渋られた。酒に関係する仕事につきたいのだろうか…、立ったままの相手を見据えれば、店を出す前に何をしていたのかと尋ねられて思い出しながらぽつりと口にする。)

兄は警察官になったが…、俺の方は言ってしまえばちゃんと就職した事は無いんだ。最初から店を出すつもりだったからだけど親には反対されたな…

>龍之介君

1984 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 16:13:00 IP:59.134.53.41

【深夜/ホテル】

でも、それでちゃんと成功してるんだから、すごいよ…

(きっと店を出すまで苦労もあったのだろうが、今こうしてしっかりと経営出来ている。常連客もいるし、こうしてアルバイトとし自分を雇うこともしてくれているのだから、十分成功といえるだろう。「あ…そういえばこの前、店の前でお兄さんに会ったよ…」と言いながら彼の隣に座った。言う機会がなくて、すっかり失念していた)

…あんまり、仲良くお喋りはできなかったけど…

>望さん

1985 名前:一ノ瀬雅 ◆8cO0Hp7YNc:2016/07/19 16:16:00 IP:182.250.241.15
(/途中亀レスになりますが再上げますね)
>all

【昼/本屋に向かう途中】
きっと黙々と読むよりも楽しいですよ(時には黙々と読む方が楽しい人もいるのでなんともいえないため自分はそうだと微笑んだ。オススメを教えてもらえるかと言われると首を縦に振り)もちろん。俺のおすすめだから俺の趣味になっちゃうけど大丈夫?

>龍之介さん


【深夜/東観月市BAR】

そうなんですか?なら次頼んでみようかな(甘さは控えめだけど飲みやすいよ。相手のオススメなら是非とも飲んでみたく次頼んでみようかなと笑顔でいった。先程相手の恋人の相談に感化されたか)俺も恋人欲しいなぁ(そうポツリと切実に呟いた)

>望さん
【Augurareに向かう途中】
ええ、久遠が癒されてくれるだけで他の人は俺に癒されてくれないと思うよ?(他の人も癒してあげて、そう言われると癒されてくれるのはきっと久遠だけだよと微笑んだ。そうしてしばらく歩いているとちょうどいい時間にバーに着いて)

>久遠


1986 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 16:22:00 IP:126.100.200.52
【夜/公園】

(慰めているのか、その言葉に肯定するようにまたニャーと鳴く。優しいと言われて悪い気はしない。急に体を持ち上げられては吃驚し、少しだけバタバタと手足を動かしてから大人しくなる。彼と視線が合ったかと思うとその発言に驚き焦った。俺んちって、え…。それはマズイ。抱き上げる手から逃れるようにバタバタと暴れる)

>堤くん

1987 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 16:22:00 IP:182.21.94.18

【夜/Augurare前】

(去っていくのを見ればやはり猫という生き物は気紛れだなと思う。そこに熱狂的な人物も多いらしいが、自分は甘えてきたら可愛いこそ思えどついて行けそうに無い。また着たら餌くらいはあげようと思いながら追いかける事はせず、少しだけ残念そうに呟けば店へと戻る。)

あ…、行っちゃったか

>沼淵君(/一応持っていきましたが、〆かどうかはお任せしますね!)


【深夜/ホテル】

今はね。昔はそれなりに苦労したんだぞ

(目を閉じ店を出したばかりの頃を思い出して苦笑する。地券の関係で揉めた時は色々賭けにも出てみたし、冷や冷やしてしまう場面も多かった。まあ今となっては過去の事であるしそれなりに良い思い出…になるかはどうかは不明か。兄に会ったという言葉が耳に届けば瞼を開け一瞬だけ表情が消える。また何かやらかしたのだろう、否。やらかしたというかあれが通常運転だからどうしようも無いなと隣に座る相手に対し申し訳無さそうに眉を下げた。)

…根は悪い奴じゃないんだ。……けど、すまない、謝っておくよ

>龍之介君



1988 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 16:29:00 IP:59.134.53.41

【昼/本屋に向かう途中】

ええ、たまには違うジャンルも読んでみたいし…

(自分で選ばない本でも、もしかしたら性に合うことがあるかもしれない。彼の趣味を知ることで、彼を知ることも出来るだろうと頷いた)

本屋、結構遠いですね…

>一ノ瀬さん

【夜/公園】

うわ、わ…

(今まで大人しかったのにいきなり暴れ出して、慌てたように手を離す。どうしたんだろう、やっぱりお腹がすいていたのだろうか…とズレたことを考えて)

>沼淵さん

【深夜/ホテル】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

1989 名前:一ノ瀬雅 ◆8cO0Hp7YNc:2016/07/19 16:33:00 IP:182.250.241.15
【昼/本屋に向かう途中】

そう?ならばんばん読みやすいの紹介しますね(たまには違うジャンルも読んでみたいという相手に嬉しそうに微笑み頷く。本屋遠いんですねと答える相手に)あと5分から10分くらいで着くと思う。(小さい本屋ならちらほらあるのだが自分がいつもいくのは品揃えのいい大型本屋だったため、少しとおいのだ)

>龍之介さん

1990 名前:志摩寺 望 ◆7VUL1GCzXg:2016/07/19 16:43:00 IP:182.21.94.18

【深夜/東観月市BAR】

もし甘い方が好きなら、シーバスリーガルの方がお勧めだ

(ウィスキーは他にも甘い物が多いし、もし甘さを期待しているならかしたら相手の好みに添う程味が強くないかもしれない。そう告げれば、恋人が欲しいと口にする相手に苦笑を漏らしてグラスに口を付ける。きっと今はそういう相手が居ないのだろう。)

…どういう人が好みだとかある?

>一ノ瀬君


【深夜/ホテル】

謝る必要は無いよ、…むしろ俺の方から言聞かせて置かないと

(まさか相手から喧嘩を売るような事は無いだろうし、九分九厘悪いのはこちらだ。身内のため若干の厳しさを含めた声で相手は悪くないと言うように口にする。そしてルームサービスを頼もうとしているのを見れば、その間にシャワーを浴びてこようと立ち上がった。酒を飲んだ後はやめて置いた方が良いのだが少し汗をかいた為このままでは気持ちが悪い。)

ああ、食べたい物を頼むと良い

>龍之介君

1991 名前:一ノ瀬雅 ◆8cO0Hp7YNc:2016/07/19 16:47:00 IP:182.250.241.15
【深夜/東観月市BAR】

そうなんですか?ならそっちの方頼んで見ます(相手の言葉に自分のことをきちんと考えてくれて嬉しいと思った。微笑んで、飲んで相手が言ったものを頼んだ。どういう人が好みなのかと言われると)俺自身をきちんと受け止めてくれる人なら、好きになると思う。そりゃあだれでもかれでもではないけど、欲しいなぁ…

>望さん

1992 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 16:52:00 IP:59.134.53.41

【昼/本屋に向かう途中】

楽しみにしてます…

(一冊や二冊ほどしか買えないとは思うが、紹介された中で気になったのがあればまた今度読んでみよう。もうすぐと言われればそうですか、と頷いて歩みを進める)

>一ノ瀬さん

【深夜/ホテル】

うん…

(兄弟に対してだと、やっぱり普段とは少し違う一面か垣間見える。自分のせいで喧嘩させちゃうのは嫌だなと思うが、彼は大人だしそんな風にはならないだろう。シャワーを浴びに行った彼を見送って、メニュー表をめくった。スパゲティやチキンなどがあったが、手軽に食べられるのがいいなとおにぎりを頼むことにした。電話で注文を済ませて、そわそわとしながら待った。こんな夜中に頼む人はそういないのか、すぐに運ばれてきて。ソファに座り、黙々と食べて行く)

>望さん

1993 名前:一ノ瀬雅 ◆8cO0Hp7YNc:2016/07/19 17:16:00 IP:126.218.65.75
【昼/本屋に向かう途中】

ふふ、じゃあ俺にももし龍之介さんがお勧めしたいのあったら教えてくださいね(相手の言葉にがんばって選ぼうと決めた後によければ相手も教えてくださいと告げた。買いたいと思ったものはなくてもつまらない、楽しいは感じるとおもうため、そう言っていた)

>龍之介さん

1994 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 17:29:00 IP:59.134.53.41

【昼/本屋に向かう途中→本屋】

そうですね…何かあったかな…

(彼より本の知識はないため、何かあっただろうかと首を傾げてしまう。目的の本屋につけば中に入って、クーラーの効いた店内にほっと息を吐く)

>一ノ瀬さん(/勝手ながら、道中がちょっと長かったので本屋に移動させてもらいました;)

1995 名前:沼淵 久遠 ◆tQTSC9XsWU:2016/07/19 17:31:00 IP:126.100.200.52
【夜/Augurare】

そんなことないってー

(彼の言葉をニコニコしながら否定する。彼は見ていて可愛いし面白いところもあるから、きっと自分で無くても癒やされるはずだ。勝手にそう思っていて。目的のバーに着けば店に入り、空いている席に腰を下ろした。いつもカウンターの端の席で一人で飲んでいたものだから、こうして誰かと一緒なのは新鮮だ)

いーくん、何頼むー?

>いーくん

【夜/Augurare前】

(後ろから、どこか残念そうな声がした後に足音が聞こえる。足を止めて確認するようにそちらを振り返れば、彼が店に入って行くのが見えた。さて、自分はどうしようか。このまま帰るか、それとも店に寄るか。少し考えてから、近くの物陰に姿を隠すようにして人の姿へと戻る。猫として地べたを歩いていたが、その際の汚れは問題無い。今度は人の姿で店の前にやって来ては、入るかどうか悩んだ。暫くして、店のドアを開いて中を覗く)

>マスター(志摩寺さん)(/〆るかどうか悩んだのですが、折角なので続けさせて貰うことにしました!)

【夜/公園】

ニャー…

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

1996 名前:一ノ瀬雅 ◆8cO0Hp7YNc:2016/07/19 17:33:00 IP:126.218.65.75
【昼/本屋】

うーん、出版社としては読みたい本沢山作らないとですね、(何かあったかなぁとつぶやく相手。印象に残ってるものがあまりない、それは出版社が見たいと思わせる本を作ることがまだ出来てない証拠だ。そして店の中のクーラーを存分に感じれば小説コーナーに移動する)本屋でもやっぱり今時みんな漫画ですね(漫画コーナーにはちらほら人がいるが小説コーナーにはあまりいない。年齢層も、どちらかといえば高いのだ)

>龍之介さん(/大丈夫ですよ!ありがとうございます)

1997 名前:一ノ瀬雅 ◆8cO0Hp7YNc:2016/07/19 17:35:00 IP:126.218.65.75
【夜/Augurare】

久遠がそう言ってくれると嬉しいよ。ー…まぁはじめだしカクテルからかな(最近ウイスキーも飲むようになったが、序盤だしまずはカクテルの中からと思いメニューを見ていた)

>久遠

1998 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 17:45:00 IP:59.134.53.41

【夜/公園】

他にお家があるのかな…?

(先ほどのは、家に連れて帰られるのは嫌だという拒否だろう。野良でいたいのか、それとも他に家があるのかも。そう自分を納得させて、「驚かせてごめんね…」と地面にしゃがんで頭を撫でた。そろそろ帰ろうかな、と立ち上がり姿勢を正して)

俺、帰るね…暗いから、お前ももう帰りな…

>沼淵さん

【昼/本屋】

漫画は読みやすいですもんね…

(自分一人の意見だし、そんなに気にすることはないと思うのだけど。彼はどんな言葉でも真っ直ぐに受け取るから、そこがいいところでもあるが、負担を増やしていないかと心配でもあった。漫画コーナーの方が人が多いが、それはまあ仕方ないことだろう。小さい子なんかは、絵があった方が楽しめると思うし)

>一ノ瀬さん


1999 名前:一ノ瀬雅 ◆8cO0Hp7YNc:2016/07/19 17:48:00 IP:126.218.65.75
【昼/本屋】

まぁそうだろうな、俺も小さな時は漫画しか興味なかったし(漫画の方が読みやすいそれには同意した。自分もそう思うし小さいころはそうだったからだ。そして小説コーナーに着けばまず新刊がどれほど出てるかチェックした)

>龍之介さん

2000 名前:堤 龍之介 ◆TJ9qoWuqvA:2016/07/19 18:06:00 IP:59.134.53.41

【昼/本屋】



(この本屋は中心街からちょっとずれているが、大きいから品揃えがよさそうだ。初めて来たが、時間がある時は利用するのもいいかもしれない。そんなことを考えながら、特に本屋に用事があったわけではないため相手の後ろを黙ってついて回った)

>一ノ瀬さん


(/最後のレス失礼します…!また次スレでも宜しくお願いします^ ^)


2001 名前:2001:Over 2000 Thread
もうこのスレッドには書き込めません。

1308.13 KBytes   ハヤテBBS なりきり掲示板 なりきりチャット
新着レスを侮ヲ  現在、人がアクセス中!

ハヤテBBS  ■掲示板に戻る■ 前100 次100 全部 最新50
名前: E-mail(省略可):

ハヤテBBS 男子校生活

(C) read.cgi (Perl) ver4.1 http://www.toshinari.net/(06/12/10)