ハヤテBBS ■掲示板に戻る■ 全部 最新50
1- 101-
すべては愛する【家族】のために……
メイン
作品別
なりきり
小説投稿
運営
お絵かき掲示板
チャットルーム
雑談掲示板
人気投票
作品掲示板
しゅごキャラ!
学園アリス
リボーン
なりきり掲示板
オリキャラなりきり
学園アリスなりきり
小説掲示板
二次創作小説
運営掲示板
ルール
管理人の部屋

1 名前: ◆yr7ehUi8b6:2017/03/21 21:38:00 IP:49.98.165.253

「……僕に命乞いなんてしないでよ。そんな言葉届かないからさ。苦しみたくないならせいぜい大人しくしてなよ」
ナイフに付いた血を舐めとりながら、青年はにっこりと微笑んで言葉を紡ぐ。

「居るのは【家族】だけで十分なの。在るのは【愛】だけで満足なの」
少女は穏やかに笑いながら真っ白だったはずの白衣を真っ赤に染め上げる。

「普通? 世間様の型にはまったつまらない主張なんざアタシにゃ興味ねーんだよ」
吐き捨てるように勇ましく中指を立てながら女は声をあげる。

「「「すべては【家族】のために。すべては【愛】のために。」」」
全員の声が重なり告げる。

「あなたはまだ、理解できていないの? でもそれは、君が馬鹿なのが悪いんだよ。せいぜい後悔しながらアタシ等の【愛】のために……死ね」

ナイフが振るわれる。横たわる己は彼等の手によって、彼等の愛の糧に変わる。微睡みのように閉じる視界には、にたりと笑みを浮かべる彼等の姿と真っ赤に染まった月が見えた。

≪これはとある家族の哀しく愚かな寵愛譚≫


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

86 名前:アベル・ヴァン・ベルナール/ ◆iieiQpb1wU:2017/04/05 00:11:00 IP:49.97.93.228
(/連レス失礼します。大きな変更は症状で、備考に説明を二点追加、あとは表現を変えた程度です。あとから気づいたり思いついたりの更新だったので、以後こんなことがないようになるべく頑張ります

【カルテ】
「ラプンツェル病なんて、俺には到底似合わない病気だよ。妊娠もしないし、誰かと愛し合うこともない。相手を搦めとることにしか考えが及ばない、ただの愚か者さ。いっそのこと、誰とも合わないように塔に閉じこもった方がいいんじゃないかな。……なんだい、その目は。何をされたって言う気はさらさらないからな。あ、こら、髪を触るんじゃない」

「うちの者の悪口を言ったのは、君たちで間違いないな?ははは、そんな顔をしなくても。それに俺たちの悪口を叩いたところで何かが変わるわけでもないだろう。そんな暇があるなら、明日も五体満足で生きられるように神にでも祈ってクソして寝ればいいさ。変顔ばかりしてるところを見るに、君たち気づいていないんだな?いま俺が手榴弾を持っていたとして、爆発させたら俺も君たちもお陀仏だ。死に、病人健常人なんて関係ない、いや、馬鹿には効果覿面の薬ぐらいにはなれるかな。あはは、分かってくれたならさっさと俺の前から消え失せてくれないか」

『こう言ってはアレかもしれないが、彼らのことを家族であり戦友のように思っている。戦場を知らぬというのに、可笑しな話だ。俺ら兄妹は皆奇病にかかり、親愛なる父が助けた彼らは医師となって頑張っている。世界で一番信頼し、心が通じていると思っている程には近しい人達だよ』

名前:アベル・ヴァン・ベルナール
性別:男
年齢:21歳

性格:紳士然とした外見に相応の振る舞いで、己の信念を貫き通す。
幼い頃は週一ペースで誰かを泣かしたり、怒らせたり、問題を起こしたりとかなり手のかかる子供だった。平等に家族を愛する旦那にやきもきしていた母親が、なるべく自分たちに気が向くように試行錯誤を繰り返す中アベルのことを構うことが少なくなったので、嫌になって暴れていたからである。三人で話し合ってからは暴れることもなくなったが、家族たちに迷惑をかけたことの罪悪感から家事の手伝いをしろ、旦那に誇られるような息子になれと、母親のきつい躾のおかげで今の紳士然とした振る舞いが身についた。
幼い頃の性格がアベルの中に残っているせいか優しく愛されたいという願望がある。母親への畏怖が拭いきれないのでふとした瞬間に恐怖に駆られることもしばしある。紳士と子供の精神がそれぞれあるということだが、子供の精神はアベルが感情的にならない限りは表に出ることはない。
かつては、病状が悪化するたびに死ぬことを怖がって泣くこともあったが死の恐怖に慣れ(麻痺し)て「明日死ぬかもしれないから悔いのない一日にしたい」という心情を持って日々を過ごしている。
現在初恋で片想い中だが、告白をするつもりはない様子。

87 名前:アベル・ヴァン・ベルナール/ ◆iieiQpb1wU:2017/04/05 00:11:00 IP:49.97.93.228
(/>>86続きです

容姿:ハニーブロンドの艶やかな髪で、ナイフで一気に切るので両サイドと襟足の長さがアンバランスなことが多い。前髪は左分けにしてサイドに流している。一重で赤褐色の横長な目からは感情が伺えない。青みがかって涼しげな白肌、頭に血がのぼると頬が赤くなりやすい。鼻筋はくっきりとしていて、輪郭もシャープな感じ。唇は赤紫のようなピンク色で体調が悪くなると濃い紫色になる。
普段着は、白シャツにグレイの襟付きベスト、ダークグレイのスラックス、紺色のカーディガン、黒の紐革靴。この服装で家事や庭の手入れをするせいでフォーマルな雰囲気はほとんどない。正装用にダークグレイスーツ一式、同色のベスト、黒のシャツに目が覚めるような赤色のネクタイ、光沢のある革靴。カジュアルな服はカーディガンと寝間着以外持っていない。
身長180センチに体重50キロ後半。体を引き締める程度の筋肉がついているが、成人男性と比べると体の線が細い。普段着でも、スーツの上着を着ていても体のラインが分かりやすく誤魔化せないのが悩み。

役柄:患者/ラプンツェル病
病状:『ラプンツェル病』朝に肩の上で切り落として、夕飯の頃には臍辺りまで伸びる。1日でそれ以上伸びると、次の日は衰弱して一日中安静にする必要がある。他にも味覚に異常が生じ、空腹感を覚えるなどと体調に異変が起きる。父親の死後(人肉のおかげで)病状が悪化する頻度が以前より少なくなって、健康な日々が持続している。

備考:一人称「俺」二人称「君/貴方、敬称づけ、呼び捨て」
テノールボイスで気さくな口調だが、感情的になれば暴言も失言もポンポン出してしまうのが悩み(治すつもりはない)。好きなものは家族、片想いの相手。嫌いなものは母親、病気で伸び続ける自分の髪。食べ物の好き嫌いはないが菜食主義寄り。勉強しているときは病気のことを一切忘れていられるので、いろんなことを勉強している。
部屋は焦げ茶色の木製家具にベージュの生地で纏めて、天井まで届く本棚が二つあること以外にめぼしいものはない。本棚には、今まで読んできた本や小物、いくつかのフレームに入れた写真を置いてある。
数メートル以上も伸びた髪で片想いの相手をがんじがらめにする夢を見てからは、髪を切るときは人目につかないように部屋に篭って、ナイフで切り落としている。また、その夢をきっかけに自分の髪を「恋心で生きている」と形容するようになり、切り落とすのに躊躇うことが多々あり、誰かに触られることを怖がっている。
ミドルネームのヴァンは、ムッシュと娘(アベルの母親)の関係に反対している母方の祖父母がつけた名前。なので、祖父母はアベルの事を「ヴァン」と呼び親しんで、手紙の宛名もヴァン・ベルナールとしか書かない。ムッシュの死後、母親は両親の介護のために実家へ帰っている。母親の次の相手が見つかったという話もなく、実家に定期的な連絡をとる必要性を感じてないからアベルが実家に関わることはほとんどない。
イメージフラワーはクリスマスローズ。花言葉は「私の不安をやわらげて」「慰め」「中傷」

募集:お声掛けしてもらっても大丈夫です、またアベルで乗れそうな募集がありましたら気兼ねなく申し込むつもりです。
担当医師
/アベルの、幼い精神や暴言失言を吐くことを知っている設定を加えてくれたらどなたでも大丈夫です
片想いの相手
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

170.77 KBytes   ハヤテBBS なりきり掲示板 なりきりチャット
続きを読む

ハヤテBBS  ■掲示板に戻る■ 前100 次100 全部 最新50
名前: E-mail(省略可):

ハヤテBBS 男子校生活

(C) read.cgi (Perl) ver4.1 http://www.toshinari.net/(06/12/10)